うた☆プリ AII STAR CD

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い文学シリーズ 『蜘蛛の糸』

これは芥川作品でもかなり有名ですよね。

番組表見て、何だコレ?って思って
チェックしてたんですが、
まさか文学作品がアニメになるとは・・・ッッ!!

それにすごく短い話やから、
どんな感じになるんやろうと思ってたんですが、
映像に・・・あんな感じでアニメになるなんて
ビックリしました!!!!(驚)

まず、生前の陀多の描写があった事。
極悪っぷりが表情豊かに描かれていて、
映像もかなり緻密な感じがしました。
彼はやはり地獄に堕ちるべくして
堕ちた男でしたね;;
地獄の描写も、
まさにこれが地獄って感じでした!!

あとは、原作にあった釈迦の視点がなかった事。
これはもしかしたら、陀多の罪と罰という因果を
視聴者により強く印象付けるためなのかなぁって思ったり。



そして!
やっぱり、マモは凄いなって思いました(しみじみ)
あまり聞いたことない低音だったんですが、
マモ演じる陀多からは、
人を殺めるのを躊躇わない残酷さとか、
地獄に落ちてからの恐怖で怯える感じとか、
人を蹴落としてでも自分が助かろうとする非道さ
とかが凄く伝わってきて、
迫真の演技でした!!!!

また新たなマモの演技を
知ること(聞くこと?)ができましたvvv




内容的にも面白かったし、
どうやら『地獄変』にも関連してるみたいですし、
次の放送が楽しみです♪♪


それにしても、
キャラ原案が久保帯人先生なのにも
ビックリした!!(驚)

他にも小畑先生(『人間失格』・『こゞろ』)や
このみん(『走れメロス』)のもあるみたいですし、
ますます楽しみだ☆
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。